【将棋】ゴキゲン中飛車対策の決定版 一直線穴熊

対ゴキ中がすっげー苦手でした。

「超速」という賞までもらった素晴らしいらしい戦法で対応してましたが、なんといっても玉が薄すぎるし、変化が多すぎて覚えるのがほぼ不能。

そこで何気なくamazon眺めてるときに見つけたこの本

中飛車破り 一直線穴熊徹底ガイド

これをkindleで買って、細かいことは抜きにして本筋だけ覚えました。

今まで苦労してたゴキ中がカモになったww

ゴキ中って、相手に穴熊に囲わせないってのが一つの優秀なポイントだったのに、この本の手順通り組めば簡単に居飛車穴熊に組めます。

それで、本にはその後の攻め筋とかも書いてあるんだけど、僕くらいの級位者では本通りになるわけもなく、穴熊に組んだちょい後あたりからバンバン駒が当たり始めます。

で、いっぱい駒を捌いてから攻撃。

こっちは穴熊なのでちょっとやそっとじゃ詰まないから安心して攻めに専念。

穴熊の暴力。

普通、無理だな。というような強引な攻めでも、こっちが穴熊なら通ってしまったりします。

あれだな。振り飛車対居飛車急戦の逆バージョンみたいな感じになるな。

カウンターで沈めるみたいな。

とにかく、一直線穴熊は超速よりずっと勝ちやすいと思います。

組み方の手順とか知りたければ、本を買って読んでみてください。

押してくれると励みになります!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする