デパケンは有効血中濃度以下です

また、こないだの血液検査の結果の話。

いくつだっけなー?

50~100が有効範囲で、たしか48くらいしかなかった。

主治医「デパケンちゃんと飲んでるか?」

ぼく「前、半分にしましたやん。上がることも最近全然ないし」

飲んでる意味、あるのかな。

マジで最近躁転しないんだけど、セロクエルって抗躁効果そんなにあったっけ?

今調べたけど、セロクエルは抗鬱効果は高いけど、抗躁効果は低いって。

まーでも、実際躁転しないんだからいいんじゃないかな?

保険で有効血中濃度にちょっと足りてないデパケン?

押してくれると励みになります!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『デパケンは有効血中濃度以下です』へのコメント

  1. 名前:eriko 投稿日:2018/08/18(土) 19:23:04 ID:8834800c9 返信

    私もデパケン、最初600mg飲んでて、血中濃度もいくらか忘れたけど、有効濃度で、じゃあこれでいきましょうか、って決まったあと、猛烈な過食衝動が出て、色々薬をいじった結果、デパケンが原因じゃないの?となり、400mgまで減らしたら、衝動が止まりました。
    と同時に、血中濃度も下がっちゃったんですが、効いてないか?と聞かれたら、効いてるような気がするんですよね。他にリーマスも飲んでいるので、リーマス効果なのか、ちょっと区別つかないのですが。不思議な薬です。