名づけるとしたら「筋・筋膜性腰痛」

腰の痛みが長引くと嫌なので、今日の整形外科のスケジュールみたら割と晩遅くまでやってたので行ってきました。

色々な動きさせられたあと、レントゲン。

レントゲンが出来上がるまでの間、電気治療とけん引。10分ずつ。

で、再度診察室へ。

画像見るに、ケツに近いとこの軟骨がすり減ってる。けど、これはなんともならん。しゃーないこと。神経が飛び出てるわけじゃないので、ヘルニアでは全くない。

名前を付けるほどの腰痛じゃないんだけど、僕のリクエストであえて名づけるとしたら

「筋・筋膜性腰痛」

とのこと。

腰痛体操とかストレッチとかもとりたてて頑張ってやる必要はないって。

何年か前も同じような症状で同じ整形外科きたけど、痛み止めと湿布で一回で治まってる履歴あり。軟骨すり減ってる人にはときどき出る痛みだそうだ。

「どれくらいで治ります?」

医者「それはなんとも言えないけど、3週間とかかかったら別の病気だろうから1週間もかからないうちに治ると思うよ」

だって。

【もらった薬】

飲み薬・・ロキソニン系

湿布・・ジクロフェナクナトリウムとかいうやつ

2週間分。

定番なのかね?

押してくれると励みになります!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする