【躁うつ病】診察は戦いだ

通院でした。

前回ドラール処方忘れではないか?

との僕の問いに、電子カルテを見る主治医。

主治医「ドラールなんて半年くらいだしてへんはずやけどなぁ・・・」

じゃ、僕は貯まってたやつを飲んでたのか?

主治医「ベルソムラつこてたやん」

ぼく「前回、ベルソムラは悪夢みるからイヤだって断りましたよねー」

そこでもう、主治医ちょっとイラだってるww

それでもドラールをせがむ僕。

ぼく「仕方ないから、ベンザリン寝る前4錠、中途覚醒時4錠飲んで無理矢理寝てます」

主治医「8錠か・・・」

なんとか、ドラール1日2錠勝ち取る。

次はレボトミン増量。

ぼく「前回、まだレボトミン増やせるっておっしゃってましたよねぇ。増やして欲しいんですけど」

主治医「うーん・・・・」

悩んだあげく、

主治医「1錠頓服として増やすわ」

ぼく「MAXですか?」

主治医「いや、まだMAXじゃないけど、起きれへんくなったりするからな」

最後に、

ぼく「いつもと同じ生活してるのに、ここ最近痩せるどころか太っていってるんですけどなんとかなりませんかね」

この話をするといつも機嫌が悪くなる、僕よりも圧倒的に太ってる主治医だが、

主治医「運動や」

ぼく「運動は特に変えてません。週に2回、ジムに行ってます」

主治医「それでは足らんっつーことや。痩せたかったらそれプラス食事制限をしろ」

ぼく「糖質制限は意味ありますか?」

主治医「いや、総カロリーや。総カロリーの収支や。」

まるで説得力の無い図体に言われて診察終了。

まぁ、思った薬はゲットできたのでよし。

診察は世間話する場所じゃないと思う。

いかに必要な薬を処方してもらうか。本気の勝負。

押してくれると励みになります!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする