極限早繰り銀と横歩取り

いわゆる「極限早繰り銀」が成立するのは、相手がこっちの飛車先を角で守ったときに限るっぽい。

本には相掛かり的な展開から無理矢理、極限早繰り銀にしてるのも結構ページ数割いて書いてたりするけど、実際問題指しにくい。

相手が飛車先を角上がって受けず、横歩的な展開を目指してきた場合、素直に横歩で対抗するのが将来的に棋力も上がるしいいだろうとの2chでのアドバイス。

なので最近横歩模様の将棋を指すことが結構多いんですが、なかなか面白いですね。

手筋が独特。歩が切れてる筋が多いので、小技も重要。もちろん角は向かい合ってるし、飛車交換になる展開も多いので大技炸裂しやすい。

あと、将棋系youtuberで知られるクロノさんって人も、「横歩は格上に一発入りやすい」と言ってた。

これらの戦法指し始めて最初は勝率悪かったけど、だんだん盛り返してきました。

あー。初段になりたいなー

押してくれると励みになります!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする