NO IMAGE

【祝】やっとブログ村10位!!

やった!今日初めて、こっちのブログがブログ村(躁うつ病)INポイントランキングで10位に入れました!! しかしなぜか、内容の薄い兄弟ブログの方がかなり上位にいるんですがww どっちにしろ、みなさんの応援のおかげです! これからもよろしくお願いいたします!

NO IMAGE

ベルソムラで必ず悪夢を見るわけでもない

今日はベルソムラと悪夢の関係についてお話します。 ベルソムラは2014年より発売されている、オレキシン受容体拮抗薬と呼ばれる睡眠薬です。 長時間型で、中途覚醒をかなり防いでくれます。 自分は長時間寝るために、ベルソムラを処方され、毎晩1錠飲んでいます。 この薬は依存性も低く、副作用が少ない上、中途覚醒をかなりふせいでくれてとてもいい薬なんですが、一つ嫌な副作用があり...

NO IMAGE

保険病名(レセプト病名)では統合失調症とされている(2018/3/1 追記あり)(2018/3/7更に追記あり)

じゅんじゅん ameblo.jp/necojita 2018年2月27日 2:46 PM じゅんじゅんさん、コメントありがとうございます。 「統合失調症ってつけさせてもらってる」by.主治医 だそうですよ。 さすがよく出来た町医者。 エビリファイのジェネリックも本当は統失じゃないともらえないんですが、私、統失ってことにしてもらって、ジェネリックにしています...

NO IMAGE

診察・・・セロクエル600mg処方されてる理由

今日は診察でした。車に乗せて貰って。朝からGO! 診察の日は睡眠不足になりがち! うちの主治医は暇になるとすぐ(たぶん)2Fの入院病棟の方に入り浸るので、病院に行って診察券いれてカルテ準備できたら やっと看護士がPHSで呼んで診察ってなることが多いです。いつもはわりとすぐ降りてきはるんですが、今日は遅かった。 入院患者にややこしいのがいるのか。 診察で...

NO IMAGE

躁うつ病と、気になる子供への遺伝について

子供二人いるので、常にこれは頭にあります。 遺伝は確実にあると思われるのですが、当時通っていた藪クリニックの医師が、 医師「遺伝はしません」 と断言したもんだから、二人も作っちゃった。という次第です。 まー逆に、 医師「遺伝します」 と言われてたら子供作ることに踏み出せなくて寂しい状態になってたかもしれないので、別の意味でこの医師には感謝ですww ...

NO IMAGE

自分に合った病院探し (弐号さんの場合)Part3

弐号 2018年2月24日 9:54 PM 弐号さん、いつもコメントありがとうございます。 今通ってる民間精神病院は、主治医が退職するまで変わらないかも。 民間だったんですか!なんとなく意外。 遠距離の引っ越しで、数えてみたら総合病院の精神科は4院通ってた!医大と公立病院。 自分はクリニック2つ、精神病院2つ(民間と公立)ですね。 かかった医師は全部で5人かな...

NO IMAGE

お酒と躁うつ病と不眠

今日は、酒と躁うつ病の関係について書きたいと思います。 書いたかもしれませんが、全く回復の兆しの見えない最初のうつ期にアルコール中毒になりかけの時期がありました。 家族が寝たあと毎晩隠れてウイスキーをコンビニまで買いにいって、それを飲みながら村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」を読んでました。ウイスキーと鬱で頭が回らないので、同じところを何べんも読んで、内容わかってないのに本ばっか汚...

NO IMAGE

障害者手帳(精神障害者保険福祉手帳)のメリット・・特に税金(相続税、贈与税)

障害者手帳は、意外と簡単に取れます。 躁うつ病の方なら、3級は確実でしょう。2級の方も多いと思います。自分も2級です。 2級と3級では受けられるサービスにそれほど差がなかった気がします。 どうしてもイヤだという方もおられるかもしれませんが、障害者手帳を持つメリットを改めて整理しておきたいと思います。 自分の場合は、申込の手続きは入院中にケースワーカーさんにやってもら...

NO IMAGE

自分に合った病院探し (弐号さんの場合)Part2

弐号 2018年2月21日 6:28 AM 弐号さん、コメントありがとうございます。 •躁鬱と仕事について 休職して、有給休暇、リフレッシュ休暇、傷病休暇など使える休み全部使い切って、更にしばらく欠勤してました。給料日に社会保険とか積立金とか逆に金を引かれてた! それで持ち堪えられずに退職したんです。 相当お休みになられたんですね。傷病休暇なんて3ヶ月くらいはあるんじゃないすか...

NO IMAGE

「日本うつ病学会治療ガイドライン Ⅰ.双極性障害」を読むための用語集と簡単なサマリ

今日現在、ググると「日本うつ病学会治療ガイドライン Ⅰ.双極性障害」の2011年版、2012年版、2017年版の3つを見ることができます。 2011年版と2017年版を比べると、さすがにガイドラインも多少変わって来ており、非常に興味深いところであります。 できればご自身で読んでいただきたいのですが、専門用語(特に薬)が成分名で書かれておりわかりにくいので、用語集をここにまとめておきたい...