【PCゲー】Papers,pleaseの感想と気を付けた方がいいこと

steamのストアページ

【どんなゲーム?】

ある国の入国管理局の審査官になって、偽造パスポートや密輸とかを防ぐゲームです。

最初の方は国名だけみればいいとか簡単なんですが、徐々に難しくなっていきます。

必要書類の数が4つ位になってくると、もうそれぞれ名前合ってるか、有効期限あってるか、パスポートの番号合ってるかとか全部みないといけない。なかなか大変です。

しかもこのゲーム、のんびりはできないんですよ。

正しく処理した人数によって給料が変わるので、急いで回さないといけません。

その代わり救済措置で、1日あたり2回までは間違ってもペナルティなしです。

最初よくわからずのんびりやってたら、給料少ないし金なくなって家族に食料も暖房も与えられず、息子死亡で5日目くらいでエンディングとかなりました。。。

【コツ、気を付けたほうがいいこと】

1日20円、補助してくれるイージーモードというのもありますが、それを使わずにクリアしたい方は、莫大にかかる食費と暖房費を節約しましょう。1日ごとに片方ずつでいいはずです。家族がcoldになってたら暖房を入れて、hungryになってたら食費入れましょう。

sickのときの薬は必要です。

これでだいぶ家計が楽になります。

あと、客が訪れるところの壁に子供からのプレゼントの絵(落書き)とか貼れるんですが、貼るのは賞状だけにしときましょう。2回注意されるとBadendingに飛ばされます。

また、賞状貼るときは、170cmのラインと180cmのラインあたりに上辺がくるようにすると身長を確認しやすいです。

次に、各国の印章と発行都市

を印刷しとくとすごく便利です。この手の間違いしてくるやつも結構いるので。

いちいちその場でマニュアル開いて確認するのは時間かかりすぎて死にます。

20daysあたりまで行ったら、あとはほとんど同じ作業なので最後までクリアできるでしょう。

31days後のアレ(ネタばれだから言わない)は最初失敗してbadendingに飛ばされましたが・・

やり直して第20番目のエンディング(ハッピーエンド)、エンドレスモードへのコードも取得できました。これは変な組織の言ってることはカタカナで読みにくくてめんどくさいので全て無視してたおかげかもしれませんw

【まとめ】

僕はクリアまで、9.5時間かかりました。

セールで半額の約500円で買ったので満足ですが、正規の値段1000円でも1時間100円だから買ってもいいかも。でもどうせまたいつか安くなるから、とりあえずウィッシュリストにでもぶち込んで安くなるのを待ってもいいかも。

で、このゲーム、ようするに間違い探しゲームです。合わなかったら返金しようと思ってたんですが、試してる間にすでに2時間超えてしまい、返金不能になってしまいましたww

もう解くしかない!というわけで昨日1日全部かけてクリアしました。

満足です。

押してくれると励みになります!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする