自分に合った病院探し その2

前記事(その1)からの続き

秋○病院から退院したあたりからですかね。

あ、その頃には義父コネの関西での今の病院への初回入院が済んでたので、アモキサンの量のみで躁と鬱をコントロールすることをやってました。通称アモキサンコントロール。

すごい微妙な増減。初めは1日10mgで効いたんだよなー

25~75くらいでコントロールしてたのかな。

そんなこんなでアモキサンコントロールも限界があって会社行ったり行けなくなったり。

最後思いっきり躁転して、家の中に軟禁。ネットショッピングも一切禁止。

そのとき、今の病院に入院できることは決まってたんですが、どうしても空いてなくて日にちがまだ先でした。

クソクリニックの医師がいうには、毎日デパケンでかいの3錠とベゲタミンA3錠を処方して、

クソ医師「これしか手段がないんです!」

無知だなぁ。医師も患者もw

躁転の勢いでPCゲーのクランに入ったんだけどヘッドセット必須。

だけど買えない指令。クラン仲間に使ってない奴送って貰ったよww

そして関西の病院に入院。

それが、今高2の息子が幼稚園を卒業するくらいの時期でした。

退院間際で、卒園式どうしても出席したくて外出許可をお願いしたんですが、近隣ならまだしも、新幹線で千葉いって、泊まりとかはまだ無理。

とどうしてもお願いを聞いてもらうことはできませんでした。

無念。

だけど、その入院以来、11年間は入院全然してないし、長期の病気休暇とか休職とかもたぶんないです。

ここ3年ほどは、セロクエルという超強力な武器で安定させてます。

一日600mgですよ!薬剤師の友達に言ったら仰天されたレベルww

ただこの薬、太るんです。

食欲旺盛になるし、代謝も悪くなる。太らないわけがない。

なのでこのブログでは、筋トレとかダイエットの話もします。

さて、話がだいぶそれましたね。

どの医療機関にかかるのがいいかって話でしたね。

1.待ち時間(予約制か?)

2.立地(通いやすさ)

3.医師との相性

4.医師の知識量

5.その医師で自分が安定してるか?

くらいがポイントになってくるかと思います。

安定してて、月1診察でいいのなら1と2は多少我慢できるかも。

とは言っても4時間待ちは無理w 最悪1時間待ちまでだな。

立地はうちは悪いです。そもそも精神病院なんて立地のいいところに建てるもんじゃない。

車かバスでしか無理です。車で送っていってもらってます。自分で運転するのはもう何年も前にやめました。

4と5が満足してるなら、3なんか無視してもいいかも。嫌いな医師でも、体調安定してるならいいですよ。

逆に、相性がよくて、すごい話聞いてくれるけど処方で結果だしてくれない医師は変えたほうがいいかも。

ただ、個人的にはクリニックはクソだというイメージが強くて・・町医者は鬱は診れるだろうけど、躁鬱は手に余るんじゃないかと。

例えばもし自分が今個人クリニックに通っててセロクエル600が出るかといわれれば普通出ないと思うんですよ。

神妙な顔して、さぁ、いっしょに頑張りましょう!って言ってくれる医師でも、処方が的外れならもちろんNGです。

模索中ならしゃーないですが、あまりに模索が長いと・・・

色々書きなぐりましたが、何かみなさんの役に立つ部分があれば幸いです。

押してくれると励みになります!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『自分に合った病院探し その2』へのコメント

  1. 名前:じゅんじゅん 投稿日:2018/02/19(月) 07:42:59 ID:b8c945369 返信

    私の通うのはクリニックの町医者ですけど、セロクエルは400ぐらいガンガン出してくれましたし、今も抗精神病薬2種類の枠はみ出して処方してくれてます。
    例外的なのかも知れませんが、町医者での中には躁鬱診られる医者もいるかな、と思いますよ。なかなか出会わないかもだけど(笑)